2020.3.17 SNSにて


「怖い」は続くライブハウス事情、全国のライブハウスに御相談。
ムジカジャポニカも重なる移行日で、音響、バイトに多大な迷惑と金銭的な打撃を与えております。
「続行」を公言し、幸い通常営業BARでなんとか独り気炎を吐いておりますが、家賃等や新天地移転の費用は難しいのが現状。
攻めて気持ちは豊かに、沢山の人に日々救われていますが、生活をする従業員たちに渡す余裕がありません。
考えた挙句。ひとつの案が浮かびました。

Tシャツやトートバッグ等を作り、それを応援してくださるかたに購入して戴いて、従業員にまわせないだろうか。
原版を作るのは同じことなので、そこはムジカジャポニカが持ち、それを賛同してくださるライブハウスの名前を全部入れて、各ライブハウスを応援する皆様に購入して戴いたら、どうだろうか。
無理なく完全受注にし、大阪以外は配送代が必要ですが、それも含めて値段を決めて、其々のライブハウスが売り、其々のライブハウスを応援する方が購入する。
各ライブハウスが、そこに限定ライブであったり、何か独特のアイデアを用いて、やる、という手もあります。
そこは「頓知」が必要であり、皆さまに問うた次第であります。

肝心なデザイン、そこはワタシ渾身のお絵描きでは話になりません。出来る人は誰か、ワタシは凄えひとを知っておりました。
ムジカジャポニカ新天地のデザインをお願いした、ソラミミスト安齋肇氏。
事情を説明したところ、お忙しい中、快諾して戴きました。
ただ今は沢山の締切があり時間を頂戴ね、との事。嬉しいてまた泣く。

御興味あるライブハウスの方は、御一報ください。素敵な頓知があれば是非宜しくお願いします。
ライブハウスとは「音」をより良く、お客様に届ける為に機材努力、音響の努力が必要です。マイクだけ挿して、後はお任せ、という形態の店ではありません。 
音楽家の信頼がある個人経営のライブハウスが沢山危機に瀕しています。
なんとかお互い踏ん張りましょう。

ムジカジャポニカ
伊藤せい子